研究室の学び

本研究室では、器物や環境のデザインと、それに連なるデザイン領域を研究の対象としています。「人間が生活する」ということを軸足に、真の意味で快適な器物や環境、あるべき将来像についての考察を行います。具体的には、仮説としてのデザイン提案を行い、検証と考察をふまえながらその価値と意義を立証、確認していきます。社会に対し有意義な創造的提案のできる実践力を身につけた人材の育成を目指します。

社会との接点

この研究室では、生活機器、生活環境、それらに関わるあらゆるデザインを研究の対象としています。私たちの生活をよりよいものに導き、社会や環境の改善に寄与するアイデアを具体的なデザインとして提案していきます。

私たちが生活の中で関わる器物や環境は、技術の進歩や社会の変化に呼応しながら少しずつ進化しています。通信や電子の技術は言うまでもなく、製造業に関わるあらゆる技術が革新的な進歩を遂げており、それとともに新たに広がったデザインの可能性に対して、考察・提案・検証が求められています。

また同時に、我々の生活に影響を与える様々な技術が、本当に快適さを提供する方向に進んでいるのか、批評的視点も持たなければなりません。人間が持つ普遍性、歴史や文化に根ざした価値観は急激な進歩や発達と反りの合わない部分もあり、無理に捻じ曲げようとすると問題を露呈してしまいます。また、社会的文化的背景の多様性に対する配慮も今日では重要な事柄です。

現在我々が成すべきことを考察し、社会のシステムを新しい視点で捉えなおす有効なアイデアを具体的なデザインとして提案していきます。

主な研究テーマ

  • 紫キャベツを用いた繊維染色の産業化に関する研究
  • デジタル制御による公転軌道を用いた描画装置とその表現の提案
  • ニホンジカの角を活用した製品の開発
  • スターリングエンジンを有した家庭製品の制作
  • 快適な女性用トイレのための使いやすいサニタリーボックスの制作
  • 配光パターンの可変機構を持つ照明器具の制作
  • 空気の断熱効果に着目した登山用ウェアの制作
© Hosei University
メニュー