一覧に戻る
教員紹介

【法政大学×ICU】大学トップからのメッセージ(大学ジャーナル Vol.120)

21世紀、グローバル化が急激に進む一方、人口爆発によって、2050年には地球の人口は現在の70数億人から100億人近くになると予想されています。そうした中で、資源・エネルギーだけでなく、水や食料をどう確保するのか。自然や生物多様性をどう保つのか。

今やグローバルであることと持続可能(サステイナブル)であることとは表裏一体で、どんな大学、大学教育もこれを避けて通ることはできません。ともにスーパーグローバル大学創成支援の採択校で、構想の柱にサステイナビリティを掲げる法政大学と、大学の取り組みの指針として「環境宣言」を掲げている、国際基督教大学。

国際基督教大学の日比谷潤子学長と本学田中優子総長が、それぞれの取り組みや構想、そのバックボーンとなる理念について語り合い、高校生に向けたメッセージを紹介しています。

(「大学ジャーナル vol.120」より転載)

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ