一覧に戻る
教員紹介

大学ジャーナル vol.116 ~ 目指せ!風の人 ~

この春、「地元に帰る帰らない会議」というユニークな集まりを、ふるさと島根定住財団と共催したのは、地方新聞社で10年の記者経験があり、法政大学でメディア社会学を教える藤代裕之准教授。

ゼミでは地方の隠れた良さや、そこで活躍している人を取材しメディアで発信することを通じて、地域の活性化に一役買うとともに、学生が、国の内外を問わず、どこへ行っても戦える力を身に付けるトレーニングを行っています。そんな藤代先生に、メディア社会学科の学び、グローバル時代のメディアのあり方、それを使いこなすために必要なことなどについてお聞きしました。

(「大学ジャーナル vol.116」より転載)

関連情報

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ