一覧に戻る
私の法政ライフ

自分の興味・関心がどこにあるのかを探し、深めていくことができる学部です

  • 宮崎 武瑠さん
  • キャリアデザイン学部4年(2016年度)東京都出身

広い視点で物事を見られるようになるキャリアデザイン学部

 高校3年の時は教員になりたいと思い、初めは教育学部のある大学を視野に入れていました。しかし、教育学だけではなく幅広い分野を学び、経験を積んだ先生になりたいと思うようになり、なかなか志望校を決められずにいました。進学先を調べていく中で、尾木直樹先生の教育に対する考えと出会い、感銘を受け、尾木先生がいる法政大学のキャリアデザイン学部に入学することにしました。キャリアデザイン学部では、「発達・教育」「ライフ」「ビジネス」の3分野を学ぶことができます。

 1年次で基本的な知識を学びながら自分の興味の方向性を見出し、2年次に専門分野を選び、ゼミに入ります。私は最初「ライフ」(コミュニティや社会におけるライフキャリア分野)を専攻していたのですが、「発達・教育」に興味を持ち、3年からシフトチェンジ。田澤実先生のゼミで、自分で考えて創造していく「クリエイティブな学び」の大切さを知り、4年次からは「ビジネス」についても学ぶ予定です。授業数も増えますが、広い視野で物事を見られるようになってきているという実感があります。

実習授業で自信をつけ、ボランティア活動にも参加

 大きく成長できたと感じたのは、2年次の「キャリアサポート実習」。高校生に「キャリア教育プログラム」(少人数のグループで進路などについて考えを述べたり、聞いたりして自己を見つめ直す企画)を実施し、ファシリテーター(中立な立場で意見を聞き、取りまとめる役)を務めました。大学生という上からの立場ではなく、高校生と対等な目線を保つことが大切で、話を聴く力やファシリテーターとしての能力が身につきました。この力は3年の秋から始めた世田谷区の野毛青少年交流センターのボランティアスタッフでも発揮できていると思います。不登校などで「生きづらさ」を抱えている子どもたちが自由に集まって語り合える場を作る「居場所づくりプロジェクト」に参加しています。
 卒業後は子どもたちが学校の外でも学んだり経験したりできる場を支援する仕事に就きたいと思っています。

大学入学後に自分の興味や関心を探すことができる

 進路を決めなければいけない高校3年の時に、自分が何をやりたいのか、将来何になりたいのか、まだわからないという人も少なくないと思います。キャリアデザイン学部では大学に入ってから自分の興味・関心がどこにあるのかを探すことができます。幅広い分野について学んだり経験したりして視野を広げられるので、その中から「自分のやりたいことはこれだ!」と思えるものを見つけられることが魅力です。

(『高校生新聞[4月号]』より転載)

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ